心に引っかかったことを書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wikipediaが閉鎖!SOPAに抗議

wikiを使って誰でも書きこめる百科事典として有名なwikipediaが、1月18日、このサイトを一時的に閉鎖しました。

これは、米国で審議を進めている法案、オンライン海賊防止法に抗議をするためのものです。

この法案はどんなものかというと、その名の通り、オンラインにおける著作権侵害を防止するためのもの。

この法案が可決されると、政府側に、著作権を侵害しているサイトをフィルタリングし、ドメイン名を差し押さえる権限が与えられます。

しかも、法案では、著作権に違反するコンテンツが1つでもあれば、サイト全体を停止させることもできると解釈することができるような内容とのことで、サイトを運営している会社は大変な騒ぎです。

たとえば、wikipedeiaのようなサイトでは、不特定多数の人が、記事を書くため、管理者は、常に著作権に違反するコンテンツがないかチェックし続けなければなりません。

しかも、著作権の違反とされる基準も明確ではなく、政府の裁量によるものであれば、実質運用が難しいことになります。

この法案を支持をしているのは、音楽や映像の権利者団です。

一方、Google、Amazon、FacebookなどのIT企業が主に反対しています。

さて、この法案の行方はいかに。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。