心に引っかかったことを書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明るい日本を描こう! 2022 神田昌典

不況続きで、先行きが不透明な今の日本経済。「2015年ごろ、日本の国債発行額が、国民の貯蓄額を超えてしまう。」「年金崩壊している国はないから、日本はやばい。」いろいろな噂が飛び交っています。

新聞やテレビを見ても、暗い日本しか浮かんできません。日本の未来は明るいのか。明るい日本の未来はどう描けばいいのか。そんなことを思ってしまいます。

そんな中、日本でももっとも有名なマーケッターである神田昌典さんが、日本の未来を予測した本を出版し、全国で講演をしています。

日本の未来を世代サイクルといわれる、80年周期のサイクルに乗せてみると今後どうなっていくのか未来が予測できるというもの。そして、その未来に活躍できる人とはどんな人なのかが書かれています。

それだけ聞くと怪しいと思ってしまうかもしれませんが、根拠もありながら、日本の明るい未来を描いてくれているところに、好感が持てます。

これを読むと、これからの時代、実は日本が世界を引っ張っていくリーダーなのかもしれない。日本人として、私たちがやることがあるのではないか。そんな日本人の大和魂に訴えてくる本でもあります。

未来についての著書ですので、賛否両論あるようですが、ピンと来る方は読んでみるのもいいのでは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。