心に引っかかったことを書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイレクトメールの文例

ネットでダイレクトメールを書こうと思うと、やはり文例が必要ですよね。成果を出しているダイレクトメールの基本構造を真似るのが一番です。

そんなときは、「ダイレクトメールの書き方」などで検索してみると、文例と一緒に書き方を紹介しているサイトがあります。

また、実際に使われているランディングページのセールスレターを読むのが参考になると思います。

「ランディングページ デザイン集」などで検索するとランディングページを集めたサイトがあります。

また、ダイレクト出版という、ダイレクトレスポンスマーケティングの通信教育をやっている会社があります。

その会社は、自己啓発や経営などの教材をダイレクトレスポンスマーケティングを使って紹介しています。

通信教育をやっているくらいの会社ですので、やはり、売り方はうまいです。ためしに、自分でも無料のレポートなどをメールアドレスを登録して購読してみるといいと思います。

ダイレクトメールが送られてきますが、とても参考になるのではないでしょうか。

例えば、個人向けの自己啓発では、トップシェアなんではないかと思われるジェームススキナー氏のセミナーですが、このセミナーのダイレクトメールは下記のものでした。

 

———————————————————–
「でっかい会社を作る9ステップ」CD無料プレゼントの詳細はこちらから

http://123direct.info/tracking/af/268737/YqQBz0WT/
———————————————————–

もし、あなたが会社を大きくしたい、あるいは
いつか起業して成功したいと思っているなら
このCDを聞き逃すなんてバカなことはできない
でしょう。

しかし、このCDの無料プレゼント企画は、とても
コストがかかります。なのでいつまで続けられる
かわかりません。

ですから後回しせず、CDをゲットしてください。

無料CD請求はこちらから

http://123direct.info/tracking/af/268737/YqQBz0WT/

ここで、ジェームス・スキナーのことをご存じない
方のために彼の略歴をご紹介しましょう。

ジェームス・スキナーとは?

「アメリカ合衆国生まれ。19歳のときに来日。早稲田
大学で国際ビジネス論を学び、世界最年少のアメリカ
合衆国外交官、NEC、社会経済生産性本部、財務
広報コピーライター、起業家、アメリカ最大級の研修
会社フランクリン・コヴィー社の日本支社長などを歴任。

ベストセラー『7つの習慣』を日本に紹介したことや
NHKにおける論評家活動、ベストセラー『成功の9ス
テップ』(幻冬舎)の著書もよく知られている。

現在、有名経営コンサルタント、人気セミナー講師、
ベストセラー作家、一回の指導だけでも劇的な変化を
もたらしてくれる成功コーチのスーパースターとして
確固たる地位を築いている。」

 

さらに、強調しておきたいことは、ジェームス・スキ
ナーは自分自身でも30社以上の会社の経営をやって
きた、正真正銘のビジネスのプロだということです。

 

ジェームスのことを話すとキリがないので、これくらい
にしておきます。大事なのは、あなたがこれから手に
入れるCDが、あなたの成功の助けになるかどうかです。

なので、少しだけCDの中身の一部を紹介しておきます、、、

●なぜジェームスは30以上もの会社を作ることができた
のか?それを可能にしたたった一つの秘訣とは?!

●”7つのB”でお金をかけずに最初から大きなビジネス
を作る方法とは?

●経営者として絶対にやってはいけない事とは?

●会社を作る時に一番最初に知らなければいけない事とは?

 

いかがでしょうか?

少しでも興味があれば、今すぐ詳細をチェックしてください。

http://123direct.info/tracking/af/268737/YqQBz0WT/

P.S.
あなたのステージに応じた凄まじい気付きがあることは
間違いありません。

http://123direct.info/tracking/af/268737/YqQBz0WT/

———————————————–

ダイレクトメールは一通打てば終わりではなく、ある程度の期間に文章を変えて打つことで効果が上がってきます。

こういったものも、実際にうまくやっている会社のものを自分で受け取ってみると一番いい勉強になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。