心に引っかかったことを書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミーティングのフォーマット

ミーティングをするとき、議事録を取る必要があることがあります。

議事録のフォーマットは探せばいろいろとあります。

しかし、正式な文書として、提出するわけではなく、社内ミーティングでの議事録程度なら、適切な項目を立てて、あとはワードで箇条書きで文章を書いていく方が効率がいいものです。

タイピングスピードがそこそこある人なら、ミーティング中に議事録を仕上げることができます。

必要な項目は、会社によって違うかと思いますが、おおむね下記のような内容かと思います。

○必須項目と思われる項目
・議事のテーマ
・ミーティングの日時・場所
・ミーティングの出席者
・ミーティング内容
・決定事項

○必要に応じて下記のような項目も入れます
・作成日・作成担当者
・前回までの経緯
・ミーティングの目的
・アジェンダ(議事進行の手順)
・問いの内容と回答(質疑応答で誰が何を回答したのかなど)
・次回会合日時、場所、会合議事
・配布先 ・TODO(実行者、やること、期限)

このような内容をワードに書き出して、箇条書きを使って、ミーティング中にまとめていきます。

ミーティング中にすばやくまとめていくときに便利なのが、

alt + Shift + 矢印キー

これを使うと、行の入れ替えやインデントの上げ下げがすばやくできますので、箇条書きの階層構造もすばやく作れます。

最後に、正式な文書の場合は、Microsoftが提供しているようなフォーマットを使うとよいと思います。

ただ、罫線などの枠があるため、ミーティング中にとっていくにはとりづらい感はありますよね。

そんなときは、やはり、ミーティング中は、ワードのようなソフトで箇条書きで取ってまとめて、あとで、正式なフォーマットにコピーしていくという形になるかと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。